image_189

新型コロナウイルスに過去感染したことがわかる抗体検査に関して、日本の厚生省は1000人分(東京・東北500人)、東京では僅か0.6%、感染者数が少ない東北では0.4%という結果になったと報じられています。

国内の複数メディアによると2020年5月15日、加藤厚生労働大臣は東京都で500人、東北で500人の過去献血に訪れた人の血液を対象に合わせて新型コロナウイルスの抗体検査を行ったところ、東京では3人(0.6%)東北6件では2人(0.4%)で陽性と出たと発表しました。

報道によると、抗体検査はいつ行われたものかは記載は無いのですが、一方で昨年1月から3月つまり新型コロナウイルスが流行していない時期の血液を用いて抗体検査をしたところ500人中2人から陽性反応がでたとしており、検査キットで偽陽性が一定数でている可能性があるとしています。

今回の東京と東北での抗体検査結果については、過去の血液から出た偽陽性の数値と極めて近い数値であり全く当てにならない結果であると判断できます。

厚生省によると来月から被験者を1万人にまで拡大し抗体検査を実施するとしており現在の流行がどのくらい進んでいるのか見極めるとしています。


ちなみに東京都の人口は約1400万人で仮に今回の陽性率から感染者数を導き出すと8万4000人という数値になります。2020年5月15日現在、東京都で確認されている新型コロナウイルス感染者数は4,990人です。

検査キットの精度がどのようなものであれPCR検査で確認されている感染者よりも桁違いに多い感染者が日本中にいたことはほぼ間違いないと考えられます。ただし、欧米など大規模感染となった地域よりかは感染率は相当少なく、感染者も少ないのではないかと考えられます。



抗体検査については国内では兵庫県神戸市中央区にある市立医療センター中央市民病院が2020年3月末から4月7日に新型コロナウイルス以外で来院した無作為の患者1,000人を対象に実施した結果、33人(3.3%)から見つかったと報じられていたことがあります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!