image_3

国内外の複数メディアによると、イギリスで今年3月、新型コロナウイルスに感染していると話していた乗り逃げ客にツバを吐きかけられる事件があったものの、その後ドライバーが感染し死亡していたことが明らかになりました。(画像は参考資料)

韓国メディア毎日経済によると、被害者となったロンドンのタクシードライバーは2020年3月22日、乗せた乗客が運賃の支払いを拒否。その後口論となったのか、男からツバを吐きかけられ「私は新型コロナウイルスの感染者だ。これでお前も感染するだろう」などと告げられたといいます。

요금 1만원 때문에…코로나 확진 탑승객 침 맞은 英택시기사 사망 - 매일경제

記事によると、このタクシードライバーは事件から4日後に発症し9日後には呼吸困難に陥り入院していました。いつ亡くなったのかなど詳細は記載されていないのですが、入院後2週間後に病院でなくなったとのことです。ちなみに、踏み倒された運賃は日本円で1200円程度でした。

イギリスではこの事件が報じられたこともあり寄付活動が開始され既に8000ポンド(約105万円)が集められているとのこと。また、犯人については現時点で逮捕されていないといい、今後捜査が進められるとしています。

イギリスではこれまでも駅員がツバを吐きかけられ結果的に死亡した事件が発生したばかりで、イギリス国内では同様の事件が確認されているだけで数百件報告されているとのこと。


一方、日本国内でも同様の事件がいくつか報じられており、市役所や店員に対して「自分が新型コロナウイルスの感染者だ」といい逮捕されるケースが愛知県を中心に多発しています。

日本では同様の行為を行った場合最低でも傷害罪、場合によっては殺人罪に問われる可能性があります。従って、社会活動再開と共に客とトラブルが発生し被害にあう可能性があるのですが、仮にそのような場面に遭遇した場合は直ちに警察に通報するか、逃走の恐れがある判断できれば刑事訴訟法213条に基づき直ちに私人逮捕し警察に引き渡すようにしてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!