image_24

日本時間28日午前5時33分、フロリダ州から打ち上げを予定していたSpaceXが開発した有人宇宙船クルードラゴンに関して発射場付近の悪天候が理由で打ち上げ十数分前に中止となりました。次回の打ち上げ予定は31日になります。

アメリカ航空宇宙局及びNASAが日本時間5月28日5時33分に打ち上げを予定していたスペースXが開発したロケットファルコン9及び有人宇宙船クルードラゴンに関して、初の有人打ち上げが中止となりました。

今回の打ち上げ中止に関しては発射場上空もしくは発射経路の悪天候を理由にしており、これに関しては既に前日の時点で打ち上げが中止になる可能性あると発表がされていました。

▼クルードラゴン内部の様子
image_25

一方、発射の16分ほど前に中止が言い渡されたのですが、当時宇宙船には2名のアメリカ人宇宙飛行士が搭乗した状態での中止となりました。打ち上げ16分前の時間として、打ち上げシーケンス上ではロケットの第1段液体酸素の充填および第2段の液体酸素充填を開始していました。その後、正常に進んだとして、打ち上げは電源を内部に移し替えが行われ打ち上げの1分前に最終的なゴーサインがでてます。

今回の打ち上げに関してはアメリカがスペースシャトルを失い現在まで有人打ち上げ能力を失った状態にあり、その代わりをロシアに完全依存するという形になっていました。従って長らく途絶えていたアメリカからの有人打ち上げとなるため注目度も高かったとされています。



気になる次回の打ち上げは現在の予定で日本時間5月31日(土曜日)4時22分です。続く2号機の打ち上げでは日本人宇宙飛行士も打ち上げられるため、初号機の打ち上げは注目したいところです。
このエントリーをはてなブックマークに追加