image_61

韓国メディアによると、ソウル市では新型コロナウイルスに感染しているものの一切自覚症状がないとい無症候性感染を見つけ出すとして、学校の再開を控え学生らを対象に無料の検査が実施されると報じられています。

先月末、韓国では学校の再開となる予定だったものの、再び感染者が増加したことで再延期となっていました。特にソウル市では近郊の富川(プチョン)市にあるオンラインストアの物流センターで新型コロナウイルスの集団感染が発生したことが延期の判断に影響を与えたとされています。

[전국]'무증상 감염' 비상...서울시, 내일부터 무료 선제검사 접수 | YTN

一方、韓国では新規の新型コロナウイルス感染者に関して発症しておらず自覚症状もない無症候性感染が一定数確認されており、まずは市内の学生を対象に無料のPCR検査を実施することが決定されたとしています。

記事によると、先行して検査が実施されるのはソウル市内にある高校の寮生170人余りで、ウォークスルー型の検体採取が行われるとのこと。そして今月12日を目処にソウル市内の59校、6800人あまりの寮生に対して検査を実施するとしています。

ソウル市の保健政策チームの説明として、「無症候性感染者や感染経路を知ることができない感染者を事前に見つけ、静かな伝搬を遮断することが地域社会感染を予防するために最善の方法だ」と説明しています。

ソウル市では高校生だけではなく一般市民も同様に検査を受けれるよう整備しており、具体的には市のホームページで検査を申請すれば誰でも検査を受けれるようになるとのこと。ただ、必ずしも全員が検査をうけれるわけではないとしており、検査対象者に選定された場合、指定された7病院の病院で無料の検査が受けれるようになるとしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加