image_77

先日、中国共産党関係すると考えられるアカウントとそのアカウントをリツイートするなど拡散用に作られたと考えられる17万個を削除したとするツイッター社。これに関して中国共産党の機関紙『環球時報』の編集長がツイッター側を批判していたことが明らかになりました。

ツイッターが中国のアカウントを大量停止したことについて、中国紙・環球時報の編集長である胡錫進(フー・シージン)氏が批判した。ツイッター社が中国政府と関係のあるアカウント17万余りを削除したことについて、胡氏が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で自身の見解について投稿した。

Record China
ツイッターは今回の削除は利用規約に『言論操作を目的として組織的に使う』ということに抵触していたといして17万個のアカウントを削除したとしています。これに関して謎の怒り心頭なのは中共機関紙ですが、具体的にどのような批判をしたのか記事を引用するとこのようになります。

「中国政府と関係のあるアカウントとは何か。中国政府に有利な虚偽情報とは何か」
「これらはすべてツイッター社が米国の利益と価値観に基づき定義したレッテルの貼り付けだ。ツイッター社が停止したアカウントは、主に香港情勢と新型コロナウイルスに関する情報であり、これらの問題において多くの中国人と政府の態度は極めて類似している。これが罪になるのか?」
というものです。
またツイッター以外でも「中国人の中では米国の高い道徳的価値観がすっかり地に落ちてしまったことに疑問の余地はない。見るに堪えない別の一面が1ページずつめくられている」などと主張しています。


まず、最初に知っておく必要があるのは、そもそも中国では政府による検閲によりツイッターにアクセスすることができません。つまりアカウントも作ることもできなければ、当然閲覧することもできません。ツイッターがどのようなものなのか、触ったことも無ければ見たこともないはずにも関わらず、このことには一切触れず胡錫進という人物はいったい何を見て、判断したこのような批判をしたのかは不明です。


近年、ツイッターを見ても明らかに不自然なアカウントが存在していることは事実です。そしてそのような人物らは特定の語句(主に政治的な内容で国会に取り上げられるようなこと)をトレンドに入れようと組織的に行動している様子が伺えます。従って、日本国内でも同じような仕組みで情報操作が行われていると既に指摘されている方が多く存在しています。

ちなみに、今年4月世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長に対して台湾から人種差別攻撃を受けたなどとすることについて、台湾当局は「台湾が実際に攻撃したように見せかけるため、中国が情報工作を行った」と公言しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加