image_92

私達人間はRGB、赤・緑・青の3の可視光線のみ見ることができます。しかし動物の中には人間には見ることができない波長(色)も知覚することができるといわれています。以前から知られていた鳥類に関する研究として、鳥類は青や紫よりも高周波となる『紫外線』まで見えていることが分かったと報じられています。

人間の目は赤・緑・青という3つの光の波長を知覚し、それを組み合わせることで多くの「色」を識別していますが、自然界には人間が知覚できない色を識別している生物も存在します。3年にわたる実験で、鳥が人間に識別できない「紫外線」まで識別し、人間とは全く異なる世界を見ていることを示した驚くべき論文が、新たに発表されています。

GIGAZINE
私達が色を知覚することができるのは目の中にある錐体という細胞に理由があり、これが赤、緑、青の3つの色をそれぞれ知覚し様々な色を脳が認識しています。しかし動物や虫の中には錐体の種類が人間のように3つではなく4つ存在する種が確認されており、人間とは異なる色まで認識できている可能性が示唆されていました。

今回研究により明らかになったことは、これまでいわれていた異なる色の知覚が実験で確認されたというものです。

記事によるとプリンストン大学の進化生物学者が行った研究は4つの錐体があるハチドリを用いて進められました。この研究では甘い砂糖水の入った容器に人間では知覚できない波長の色を出せるLEDライトを置き、「このLEDの色には砂糖水が入っている」と練習させました。
その後、容器の配置を変えLEDの色だけでどの水を飲むのか調べたところ、人間には知覚できない波長を出すLEDがある水を選んで飲んでいたことがわかったとのこと。


興味深い研究として1000種類の鳥の羽と植物を研究したところ、人間の目では知覚できない色が入ったものが1/3で確認されたといい、鳥たちは地球上の植物などを人間とは異なる見え方をしている可能性があるとしています。

なぜ哺乳類に比べ鳥類は花のように色鮮やかなのか。その答えは人間よりも桁違いの色を知覚できる色覚そのものに理由がある可能性があります。

ちなみに人間の中に4色型色覚をもつ方が極少数いることが分かっており、その1人コンセッタ・アンティコさんの話を見ても私達一般人とは異なる色の見え方をしていることが明らかになっています。
このエントリーをはてなブックマークに追加