新型コロナウイルス_1

新型コロナウイルスに関して高度な人工呼吸器が必要となるまで悪化する人がいる一方で、全く症状が出ない人も確認されています。この無症状感染者に関して最大で45日後まで他人にウイルスを移す可能性があることが分かったと報じられています。

簡単にまとめると
  • 無症状感染者のウイルス伝播期間の中央値は19日
  • 有症感染者のウイルス伝播期間は無症状感染者の1/3の日数
  • 今回の調査で最も長いウイルス伝播期間を持っていた人は45日
  • 無症状感染者の抗体保有レベルは有症者のわずか15%しかなかった
新型コロナウイルスに関して本格的な流行が確認されて約半年となる現在、世界各国の研究でいったいどのようなウイルスなのか徐々に明らかになりつつあります。今回はその中でも感染した場合でも全く症状を見せない無症状感染者(無症状病原体保有者)に関する論文です。

무증상 감염자 더 위험…바이러스 전파 기간 무려 45일 | 한경닷컴

香港紙サウスチャイナ・モーニングポストによると、中国重慶医科大学の教授が率いる研究チームは医学誌「ネイチャーメディカル」に、発熱など何らかの症状をしめした有症感染者よりも、全く症状を見せない無症状感染者はより長期間ウイルスを他人に伝播させることが分かったとする研究結果を発表したと報じています。


論文によると、無症状感染者のウイルス伝播に期間(他人に移すと考えられる期間)の中央値は19日だったとしており、発症した軽症感染者よりも3倍ほど長かったことがわかったとのこと。そして今回の研究では無症状感染者の最長のウイルス伝播期間は45日に達したとしています。

また無症状感染者の抗体保有レベルは有症感染者よりもはるかに低いことが分かったとしています。研究チームが分析した無症状感染者の37人はすべての新型コロナウイルスの抗体を保有していたものの、抗体保有レベルの平均は有症状感染者のたった15%に過ぎなかったとしています。

今回の研究に関してアメリカの医学専門家によると、「現存、伝染病対応システムと患者の治療は有症状感染者に焦点を当てている」とし、無症候性感染者の対応策として、検査体制の拡充や衛生の強化、また社会的距離を置くなど対応をとることで新型コロナウイルスに対して有効な対策ができる可能性があるとしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加