image_138

一度削除したファイルは基本的に復元することはできませんが、その手のソフトを使うことで復元できる場合があります。今回はマイクロソフト社が提供している公式の復元ソフトでWindows10で使用できるというものがあるそうです。

PC内のファイルを整理していて誤って必要なファイルまで削除してしまい、慌てて復元ツールを用意したという経験のある人は少なからずいるはず。「Windows 10 May 2020 Update」以降なら、Microsoft公式のファイル復元ツール「Windows File Recovery」がファイルの復活を手助けしてくれます。

GIGAZINE
日頃からやばいファイルを扱う方が多いみなさんの中には、削除したファイルをあとから「やっぱり必要だ!」と慌ててゴミ箱から取り出した方も多いと思います。ゴミ箱に入っている時点では普通に復元することができるものの、ゴミ箱から削除してしまうと通常の操作では復元することはできません。

その場合に必要となるのはいわゆる復元ソフト(復元ツール)で、今回紹介するのはマイクロソフト公式のWindows File Recoveryというものです。ただ、このツールはグラフィカルユーザーインターフェース(GUI)に対応しておらず、コマンドを入力して復元しなければならないという、PC操作にある程度慣れた人向けとなっています。

記事によると復元対象ファイルは
JPEG・PDF・PNG・MPEG・Officeファイル・MP3・MP4・ZIPなど
復元対象媒体は
HDD、SSD、USBメモリー、SDカードまどほぼすべての記憶媒体です


復元は「デフォルトモード」「セグメントモード」「シグネチャ(署名)モード」の3つがあるのですが、NTFSでフォーマットされた記憶装置で削除した直後であればデフォルトモード、削除してから数時間たっていればセグメントモードを試してからシグネチャモード。FAT・exFAT・ReFSでフォーマットされた記憶装置であればシグネチャモードで試してほしいとのこと。

復元の仕方、特に最も困難なコマンドの入力例はGIGAZINEで紹介されています。
このエントリーをはてなブックマークに追加