エレベーター

新型コロナウイルスの伝播に関して飛沫感染、接触感染、最近では空気感染するとも言われ始めています。一方、中国ではアパートのエレベーターが原因で最終的に71人が感染するという出来事が確認されたと報じられています。

海外の複数メディアによると米疾病対策予防センター(CDC)に掲載された論文として、今年3月~4月にかけ、中国で自宅アパートのエレベーターを介して最終的に病院内で院内感染が発生したという事例があったと報じられています。

Coronavirus: Woman infects 71 people after one lift trip | The Independent

記事によると、この人物は25歳の女性で3月19日にアメリカから黒龍江省に帰宅していたといいます。この女性については当時海外からの帰国ということもありウイルス検査が実施。結果は陰性と示されたものの自主隔離するよう指示されていたといいます。

その後、アパート内で誰とも接すること無く、今回感染源となったエレベーターを誰とも利用したことなかったといいます。


感染経路は非常に複雑なのですが、最初の感染者となったのは帰国した女性の下の階に暮らす住民のパートナーで当時同じ室内にいたといいます。その後、この下の階の住民らがパーティーに参加したところ、その参加者の一人が脳卒中で病院に搬送。その病院内で集団感染が発生したというものになります。
脳卒中を起こした男性についてはその後、発熱があるにも関わらず何らかの理由で転院しておりそちらの病院でも集団感染が発生。1つ目の病院では28人、転院先の病院では20人が新型コロナウイルスに感染しています。

どのような理由で感染が広まったのか調査が進められたところアメリカから帰国した女性が4月10日以降に実施された抗体検査で陽性となりました。当時、黒龍江省では新型コロナウイルスの感染は報告は8日間報告されていなかったといい、この女性が原因で感染が広まったと考えられています。
結論として、この帰国女性については全く症状が出ない無症状患者だったといい、他の住民に感染を広めてしまったのは接触機会が皆無だったことからエレベーターのボタンしか考えられないとしています(エレベーター内の空気とは記載されていない)。一連の集団感染では71人が感染したと報告されています。

いずれにしてもマスクや積極的な手洗いをしていれば防げた集団感染と考えられるのですが、私はエレベーターやタッチパネルなど他人が触れたボタン類は、指先ではなくグーにして第二関節の極力少ない面積で押すようにしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加