image_188

過去に新型コロナウイルスに感染したことがあるのか。これを調べることができる抗体検査に関して、インドの首都ニューデリーで無作為に抗体検査を実施したところ、陽性率が23.5%という数値となったと報じられています。

インドの疾病管理センターによると、最近ニューデリー市民2万1000人を対象に無作為の抗体検査を行ったところ、うち23.5%で新型コロナウイルスの抗体が検出されたと発表しました。これをニューデリーの市民全体に換算した場合、470万人あまりが既に新型コロナウイルスに感染しているという数値になります。

[국제]"인도 뉴델리 시민 23%, 470만 명 코로나19 감염 추정" | YTN

この高い陽性率についてはアメリカのニューヨーク市が過去に行った抗体検査で市民の22.9%が陽性だったという数値に似ているとしています。

現在インドで集計されているニューデリーの感染者数は12万5千人で38倍もの開きがあるという結果になりました。インド疾病管理センター所長によると地域により抗体保有率が異なっているといい、11区のうち8の区では感染率が20%を超えていたと説明しています。


専門家によると「今回の調査は多くの感染者が無症候であったことを示す」「スラムと農村など地域における感染率ははるかに高い」とのことです。

インド国内における感染者数は119万人で、21日には1日で3万9000人増加しているとのことです。

抗体検査については検査キットによっては誤検出してしまう製品があるとい、今回どのような製品が使用されたのかは記載はされていません。同じような抗体検査については日本でも過去に実施されおり、2020年6月16日厚生労働省の発表によると抗体保有率は東京0.1%、大阪0.17%、宮城0.03%だったとしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加