UTAP-22 Mako_4

現在米軍では大型かつ高速で飛行可能な無人機を開発しており、将来有人機と共に戦場に投入し戦う計画を進めています。その一つUTAP-22 Makoというクラトス社の無人機に関して改良型が最近ネット上にアップロードされたと報じられています。

F-15Cのハードポイントに搭載さえているのはクラトス社の無人機『UTAP-22 Mako』です。UTAP-22は有人機とともに戦闘に参加し、機体に約159kg、翼下の45kgまで搭載可能なハードポイントがあり各種爆弾を搭載するなどして有人機と共に攻撃に参加するというものでした。

UTAP-22 Mako_1

一方、記事によると最近公開されたUTAP-22 Makoに関して大きな改修が施されていたといいます。まず、機種付近に光電装置が搭載されています。光電装置については仕様にもよるものの地上目標物を感知、識別するというもので対地攻撃をより正確に行うための装置だとしています。


UTAP-22 Mako_2

そしてもう一つ、翼の両端にはミサイル警報装置(Missile Approach Warning System, MAWS)が搭載されているといいます。実際にMAWSなのかは不明なのですが、いずれにしてもこれまで搭載されていなかった装置がみられるとており、従来の攻撃機というよりも偵察機に近い運用が行われる機体ではないかと考えられます。

UTAP-22 Mako_3

これに関して記事では「F-15から発進後に状況認識の利点を生み出し、敵を最初に発見し最初に攻撃する機会を提供する」と説明しています。いずれにしても新たな装置が搭載されたことで重量も増していると考えられ改良型のUTAP-22 Makoには爆弾やミサイルを搭載するスペースやその能力はほぼ失われた状態になっていると考えられます。


このエントリーをはてなブックマークに追加