AG600_9

中国メディアによると、中国航空工業集団公司が開発した世界最大の水陸両用飛空艇『AG600』に関して先日始めて海上からの初飛行に成功したと発表しました。

网易新闻によると2020年7月26日、午前10時ごろ山東省青島市団島海域でAG600『鯤竜』の海上飛行に成功したと報じました。同機は2017年12月末に陸上の滑走路から初飛行に成功2018年10月には水上離着水試験に成功していました。

AG600_2
Photo:网易新闻
AG 600は2009年に開発が始まった機体で全長37m、翼幅は38.8m、最大離陸重量は53.5トン。定員は最大50人とされ、ターボプロップエンジン4基により最大飛行速度は570km/h、航続距離は4,500kmとされています。

AG600_3
Photo:网易新闻
AG 600は多用途飛行艇とされており、一般的な救難飛行艇としての運用以外も迅速に洋上に展開かのうな機動力を生かした海洋調査、機内を改造することで海水を大量に溜め込み空中消火機として運用も可能になるとしています。
AG 600は中国海軍で運用されている水轟五型(SH-5)の好景気として開発された機体であり、今後海軍へ導入されることになります。


AG600_4
Photo:网易新闻
AG600_5
Photo:网易新闻
AG600_6
Photo:网易新闻
AG600_7
Photo:网易新闻
AG600_1
Photo:网易新闻
AG600_8
Photo:网易新闻
このエントリーをはてなブックマークに追加