image_7

海外メディアによると、注文もしていない謎の種子が中国からアメリカに送られる事件が最近相次いで報告されていると報じています。この事件に関してアメリカ当局は絶対に植えないよう呼びかけるなど騒動が広がっています。

フォックスニュースなど複数の海外メディアによると、注文をしていないにも関わらずアメリカの複数の州で中国から郵送された謎の種子が送りつけられる事件がされているとし、アメリカの各州の農務省は送られた種子を植えたりしないよう呼びかけるという異例の事態になっていると報じています。

‘DO NOT plant them:’ Officials in multiple states warn of mysterious seeds received in the mail from China | Now.com

記事によると、現在同様の事件が確認されているのはアメリカのケンタッキー、バージニア州、ユタ州、ワシントン州、ルイジアナ州、オハイオ州、テキサス州など27の州といい、その一つルイジアナ州によると州内だけで確認されているだけで100件以上バージニア州では通報件数が1000件を超えていると説明しています。現在誰がどのような意図で送りつけているのか明らかになっていません。

記事によると、この種子は例えば農家など過去に中国企業と取引があったと考えられる業者間で発生したというものではなく、一般家庭に送りつけられるというものでワシントン州が送り込まれた種子を公開しています。



▼ワシントン州で確認された種の例
image_5

また、種子は地域により異なっており、バージニア州では黒っぽい種が送りつけられているといい、ルイジアナ州によると調査した結果、スイレンの種子だったとのこと。またオハイオ州では細長い種子がおくりつけられているとしています。
品名は偽装されたものがあり、宝石(ネックレスなど)やおもちゃと書かれているものがあり、内容物は種子だったとのこと。

image_6

この事件については今のところアメリカ以外では報告されていないらしく、このような品がアメリカの検疫を回避し家庭に配られているのかは明らかになっていません。

ケンタッキー州によると声明で「我々はまだこれがいたずらか、インターネット詐欺なのか、一種のバイオテロリズムのかを判断できるようにする十分な情報がない」とし、郵便物を受け取った場合は当局に申し出るよう呼びかけています。
このエントリーをはてなブックマークに追加