image_17

海外メディアによると、インドで過去に病院を経営していた医師が50人あまりのタクシー運転手を殺し、タクシーを奪い売りさばくという行為を50件以上行うという、経歴がヤバ過ぎる医師が明らかになったと報じられています。

韓国メディアによるとCNNテレビが報じた内容として、インドで服役し仮釈放中に逃走し最近逮捕された62歳の男性に関して、過去50人以上のタクシードライバーを殺した連続殺人事件に関与していた可能性が強まったと報じました。

엘리트 의사→광기의 살인마…50여 명 연쇄살인 '인도 발칵' | SBS 뉴스

記事によると、この男はエリート医師だといい2002〜2004年にタクシー運転手7人を次々と殺害した容疑で容疑で終身刑を言い渡され16年間を刑務所に入れられました。詳細は不明ですが2019年末ごろに20日間の仮釈放が許されていたといいます。そして、最新の報道によると殺害したタクシー運転手は遥かに多かったことがわかったと本人の自供で明らかになったとのこと。

この男は仮釈後に刑務所に戻らずデリーで女性と結婚。6ヶ月間姿を隠した後警察に逮捕されていました。


image_18

問題はこの男の経歴です。記事によると大卒でインド伝統の医学学位を持ち1984年から11年間インド北部のラジャスタン州で病院を経営していました。しかし、詐欺の被害に遭ったことで金を騙し取られた後に人生が狂い始めたとのこと。男は稼ぎが良い不法腎臓移植を行い2004年に警察に逮捕されました。後に違法移植を125件実施し、1件あたり71万から92万円ほどを得ていたと話しています。

男の悪事はこれだけではなくこの間、インドの北部ウッタパデという地域ではタクシーを呼び運転手を殺害予定地まで一緒に移動。そこで運転手を殺し奪ったタクシーを売却し金を得ていました。そして殺害した運転手はワニに食わせるなどして行方不明になっている人が多くいるとのことです。
このような手口で殺害したタクシー運転手は50人を超えるとしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加