image_27

国内外の複数メディアによると、アメリカの民間企業スペースXがNASAとの契約の元で開発・打ち上げたクルードラゴンが本日未明、無事に地球に帰還することに成功したと報じられています。また民間企業が初めて宇宙飛行士を載せて無事に帰還させるという宇宙開発の歴史に残る日となりました。

アメリカの民間企業スペースXは2020年5月31日にフロリダ州から打ち上げた有人宇宙船クルードラゴンに関して、国際宇宙ステーションに2ヶ月あまりドッキングした後、本日早朝に帰還させることに成功したと報じています。

今回のクルードラゴンの一連の打ち上げは、NASAが地球低軌道の人員輸送は民間企業に行うという方針に転換されてから初となる成功ということになり今後、民間企業が本格的に宇宙飛行士を宇宙に送り届けるという宇宙開発の新しい時代に入ったということになります。



アメリカはスペースシャトルが今から9年以上前に退役。当時、後継機を置き換えとしてNASAはオリオン宇宙船を開発したものの現在も開発が終わっておらず結局置き換えには失敗しました。この9年あまりアメリカ人を始め国際宇宙ステーションへの人員輸送はすべてロシアのソユーズ宇宙船に頼ることになります。

NASAはスペースX及びボーイングが地球低軌道への人員輸送企業として選定しており、ボーイングも今後『スターライナー』という機体を使用し国際宇宙ステーションへ人員輸送を目指すことになります。


NASA及びスペースXによるとクルードラゴンの本格的な運用、つまり商用打ち上げについては今回のクルードラゴンの各種点検や評価が行われた『半年後に実施される』などと一部で報じられていたものの、NHKなどによると第一便は9月下旬以降に実施されるとしており少なくとも今年中に次回の打ち上げが実施されると考えられます。

クルードラゴンの今後の打ち上げについて1号機には日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)の野口聡一宇宙飛行士を含めシャノン・ウォーカー氏、マイケル・ホプキンス氏、ビクター・グラバー宇宙飛行士の4人が搭乗します。そして2号機には星出彰彦宇宙飛行士が搭乗することとなっており、注目が集まっています。

ちなみにクルードラゴンの1回あたりの打ち上げ費用はNHKによると一人あたり58億円としています。これについてはクルードラゴンは最大7人乗りとなっており次回は4人が乗り込むことから一人あたりの費用は更に安くなるものと考えられます。
比較としてソユーズ宇宙船の場合は3人が乗り込んだ場合の海外の宇宙飛行士の場合は1人あたり80~90億円ほどをロシア側に支払っています。またスペースシャトルも1回あたり500~1000億円の費用が掛かっていたとされており現時点でも非常に安価な打ち上げとなっています。
このエントリーをはてなブックマークに追加