image_58

世界の中で日本だけ唯一『高級食材』として扱っているマツタケ。輸入されたマツタケも相応の値段がするのですが、一方で中国産のマツタケに関して市場価格が平年の1/100まで暴落していると報じられています。

2020年8月8日、健康時報は、雲南省でマツタケが豊作となる一方、新型コロナウイルスの影響で日本などへの輸出が滞っており、価格が大きく下落していると報じた。記事は、マツタケが旬を迎えているこの時期、雲南省昆明市の野生キノコ市場では例年なら500グラム当たり1万元(約15万円)を超える値が付くこともあるにもかかわらず、今年は100元(約1500円)足らずにまで値崩れしていると伝えた。

Record China
国内で流通してるその大半が外国からの輸入品となっているマツタケ。記事によると、日本に輸出される中国産マツタケの産地の一つ雲南省では新型コロナウイルスが原因で対日輸出量が大幅に落ち込み、更に、今年の梅雨が長かったことで多くのマツタケ育ったことなどを理由に市場価格が暴落しているとのこと。

またマツタケは傘が開くと味が悪くなると言われているのですが、記事によると鮮度の問題もありこの期間が3日ほどしかないらしくそのような理由もあってさらに下落しているとのこと。

記事には記載されていないものの、合わせて日本国内では梅雨が長かったこともありマツタケの収穫量は平年より多いとも言われているため中国の価格にも影響を与えているものと考えられます。


記事には中国国内におけるマツタケの実態についても記載されており、中国では重点保護稀少菌類に指定されており採集地の規制、採集者の申請制度を整え資源が枯渇しないよう調整されているとのこと。しかし、2015年は5200トン、16年は4500トンと収穫量の減少傾向が続いているといい原因は胞子を放出する前に収穫してしまう行為も確認されているとしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加