レコードプレイヤー

近年、「欧米でアナログレーコードの人気が再燃している」などと信じがたい話題が年に数回報じられることがあったのですが、アメリカのレコード協会によると、今年上半期の売り上げとしてアナログレーコードがCDよりも多くなったと発表しています。

米国内のレコードの売り上げが30年以上ぶりにCDを上回ったことが、全米レコード協会(RIAA)が10日に公表した報告で明らかになった。今年上半期のレコードの売上額は2億3210万ドル(約246億円)と、CDの売上額1億2990万ドル(約138億円)を大きく上回った。

AFP
今回報じられた内容については、『売上枚数』ではなく『売上額』とした場合アナログレーコードがCDを超えたというものであり、アナログレーコードはそもそも単価が高いため結果的にCDよりも多くなったという意味だと考えられます。

また記事によると「レコードの売り上げは物理的な媒体全体の62%を占めた」と記載されており、具体的な売上枚数は記載されていないものの、CDよりも売れていたことは間違いないと考えられます。

ただCDやレコードの売り上げに関しては前年と比較した場合で23%も減少していたといい、理由としては新型コロナウイルスにより販売店が閉鎖されるなど販売自体ができなくなったためだと説明しています。




一方で音楽全体の売り上げを見た場合、これは『今年上半期の収益』と記載されているのですが、その85%を占めているのはなんとストリーミングによるものだったといいます。ストリーミングとは音楽のダウンロード販売を指すのではなく、例えばアマゾンミュージックなど月額でいくらか支払うことでオンラインで好きな音楽を流し続けることができるというものです。

ストリーミングのよる収益は前年よりも12%も増え5094億円相当となったとのこと。したがってレコードの売り上げは確かに伸びているものの規模としてはわずか246億円、CDに至っては138億円まで低下しており、私達の音楽の聴き方が物理的ディスクを回転させて聴くというより一定額支払ってオンラインで流行りの音楽や好きなジャンルを聴くことが完全に主流なっている思われます。

ストリーミングでればCD時代のようにiPhoneやPCに音楽を取り込む必要が無いほか、再生ボタンをスだけという手軽さもあり音楽を管理する手間も省けます。そして音楽データで端末の容量も消費しないためモバイル端末全盛期となっていることもあり結果的にストリーミングが選ばているものと考えられます。
このエントリーをはてなブックマークに追加