Crude Floating Storage Unit_1

新型コロナウイルスの影響により急速に原油の需要が減ったことで、結果的に取引史上初の原油価格がマイナスに陥るという混乱に陥りました。一方で、中国の造船会社はダブつく原油に関して陸上ではなく海上に一時保管するタンクを今月中にも引き渡し予定だと報じられています。

朝鮮ビズによると、AFPが報じた内容としてSubmarinergyという中国上海市にある造船会社が、5月中にも5000トン規模の海上原油貯蔵タンク(CFSU、Crude Floating Storage Unit)5隻の建造が完了し原油取引先に引き渡す計画があるとのことしています。

원유 보관 골머리에… 중국서 ‘해상 원유 탱크’ 등장 - Chosunbiz > 산업 > 일반

記事によると、CFSUは無人の貯蔵タンクで全長50m幅10mで、潜水艦のようになめらかな銀色の表面をしており、艦尾にはバランスをとることができるように魚雷のような4本のウイングが搭載されています。内部には3万5000バレルもの原油を保管することができると主張しています。

Crude Floating Storage Unit_2

またCFSU内部に収める原油については最長で50年まで洋上で運用(保管)できるよう設計されているといい、グローバル国際認証機関のDNV GLや中国船級協会(CCS)と共同で運用する案について議論中だとしています。今後特に原油の保管需要の大幅な増加に伴い最大で4万トン規模のCFSUを開発計画があるとのこと。また5年単位でCFSUをレンタルする事業も構想されているといいます。

CFSUの利点について一般的にタンカーに関しては竣工から進水するまで2年前後の時間を要するとしており、現在原油がダブついているものの2年後を見据えた在庫状況を予測したうえでタンカーの新規発注には繋がりにくいといいます。

CFSUについても利益を出すことができるのかは未知数だとしており船体の安全性の検証、そして原油価格が着実に回復している現状からも楽観視はできないと紹介されています。
このエントリーをはてなブックマークに追加