6989.jpg

 「浴槽に水を張ると高低差は10cmもなる」という傾いたマンションがジャッキアップで調整されることになりました。

 中国陝西省西安市にある7階建のマンション。マンションの住民によると10年ほどから傾きが発生し、浴槽に水を張ると高低差は10cmにもなるといいます。この異常なほど傾いたマンションがついに修理されることになりました。

 工事担当業者の責任者によると、傾いたマンションを元に戻すには2つの方法があるといいます。1つは低い方に高さを合わせるという方法。この場合はコストや手間がかからないものの、下水管やガス管との調整が難しいという難点があります。もう一つは低い方を持ち上げ高さを合わせる方法です。こちらは技術が地下設備への影響は少ないものの、必要でコストも高いといいます。
 結局このマンションは低い方を高くするという方法で修理が行われたそうです。

6991.jpg

 マンションは今年の8月から工事を開始。7階建てのマンションは総重量約8000トンで290個のジャッキが使用されたといいます。高さの調整は3日間に渡り行われ、傾きが徐々に修正。基礎部分はコンクリートと鉄筋で固められジャッキが取り外されるそうです。

6990.jpg
写真:工事が行われているマンション。比較的新しく、どうやら完成後間もなく傾きが発生したと思われる。

 工事終了まであと1ヶ月がかかるとされているんですが、傾きが治り住民らは「物が転がらなくなった」と喜びをあらわにしているそうです。ちなみに、マンションが傾いた原因は明らかにされていません。

参照元:レコードチャイナ
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!