7032.jpg



 アンチウイルスソフト分野で有名な『McAfee(マカフィー)』。実はこのマカフィーの創業者であるジョン・マカフィーが殺人の容疑で指名手配されたとのことです。今回は彼の転落した人生についても紹介していきます。


スポンサーリンク
 メキシコの南にあるベリーズ国の警察によると、アンバーグリスキー島サンペドロタウン市内の自宅で射殺された米国籍グレゴリー・フォールさん殺害の容疑者としてマカフィー社の創業者、ジョン・マカフィーを指名手配したと報じました。具体的な殺人事件の内容は以下のとおりです。



 2012年11月11日(日)8:00am、サンペドロタウンの5.75マイル(9km)北の自宅で男性が死んでいる、との通報を受け、サンペドロ警察が現場に急行した。被害者は52歳の米国籍GREGORY VIANT FAULLさんで、後頭部の上方を銃で撃たれ仰向けに倒れて血みどろになって死んでいた。



 最初の聞き込みで明らかになったところによれば、同日7:20amにベリーズ人の家政婦LUARA TUNさん(39)がFAULLさん宅に仕事に出かけたところ、廊下に倒れて動かなくなっているのを見つけた。生きている姿が最後に目撃されたのは10日10:00pm。FAULLさんはひとり暮らしだった。



 家に鍵をこじ開けて入った形跡はなかった。 現場からはラップトップコンピュータ1台(製造ブランド、シリアルナンバー不詳)と、iPhone1台が失くなっていた。 死体発見場所は2階廊下。2階に通じる1階の階段から使用済みの9ミリ弾の殻が見つかった。FAULLさんの遺体はKHMH霊安室に運ばれ、検視待ち。殺人の動機はまだ明らかになっていない。警察では、いくつかの情報を基に捜査を急いでいる。





2534240b.jpg

ベリーズ国の位置



ジョン・マカフィー容疑者の転落した人生

 先程も紹介したように、マカフィーというソフトはアンチウイルスソフト分野では名の知れた有名なソフトです。マカフィーを作った本人は米国バージニア州で育ち、大学で数学を専攻しています。大学卒業後はNASA関連機関や民間企業に勤め、プログラマとしてその才能を発揮しました。その後はF-22やF-35といった戦闘機を作っている航空宇宙企業ロッキード・マーティン社で働きます。そしてマカフィーを作るきっかけがありました。



7031.jpg

ジョン・マカフィー



 ロッキード・マーティンで働いていた時、「ブレイン」というコンピュータウィルスの被害にあいこれがきっかけでアンチウィルスソフトウェアの開発に没頭するようになり1987年に「マカフィー社」を設立。マカフィー社は順調に業績を上げマカフィーの個人金融資産は、一時1億ドルを超えるまでになっていたとされています。



精神世界、リーマン・ショック、死亡事故

 しかしこのときから精神世界や魔術、神秘思想といった分野にのめり込み、会社にウィッカの魔女を呼んで、太鼓を叩きながら呪文を唱えさせたこともあったといいます。

 2008年9月にリーマン・ショックが原因でマカフィー本人の金融資産は400万ドルにまで激減。さらに自身が立ち上げた軽量小型プロペラ機の事業で死亡事故が発生し多額の賠償金を支払うことになります。その後はベリーズ国に移り住み寄付やバイオ企業を立ち上げていました。



 2012年5月にマカフィーの自宅に国のギャング対策部隊が強行突入、銃撃戦が行われた後、マカフィーと関係者が逮捕されました。彼の家からは多数の武器と麻薬がみつかりました。そして12年11月に今回の事件が発生しました。



 さようならマカフィー。



43771f97.jpg

写真:ちょい悪オヤジどころではないマカフィー



参照元:livedoor ニュースNAVER まとめ



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!