7320

露フルニチェフ社とインターナショナル・ローンチ・サービシズ(ILS)社は8日、ロシアのプロトンMロケットで打ち上げた衛星を予定軌道に投入できず失敗したと発表しました。プロトンMロケットの打ち上げについては過去16ヶ月間で3回も失敗しています。

通信衛星ヤマル402を搭載したプロトンMロケットは、現地時間12月8日19時13分(日本時間12月8日22時13分)にバイコヌール宇宙基地から打ち上げられました。しかし、ブースター・ブロック『ブリーズM』が4回目の燃焼を行ったところ予定していた燃焼時間よりも4分早く終わってしまい、予定していた軌道への投入ができず失敗に終わりました。

露フルニチェフ社とインターナショナル・ローンチ・サービシズ(ILS)社は通信衛星ヤマル402の救出に向けた計画検討しているんですが、仮に衛星に搭載されているスラスターを使用し加速、静止軌道に投入できたとしても衛星の維持に必要なスラスターの燃料が減ってしまうため、結果衛星自体の寿命(設計では15年)を減らしてしまうことになります。

ヤマル402はロシアのガスプロム・コスミチェスキェ・システマ社が運用する通信衛星で、静止軌道からロシアやCIS諸国、欧州、中東、アフリカの各国に通信サービスを提供する予定でした。

またも失敗したプロトンMロケット

今回不具合が発生したのはブースター・ブロック『ブリーズM』と呼ばれるところで、過去16ヶ月間のうち3回の打ち上げを失敗した原因も『ブリーズM』にあるとされています。

41bb1632.jpg

写真:ブリーズM

ブリーズMはコア・モジュールとコアの周りを取り巻く切り離し可能なドーナッツ型の増槽の2つで構成されれています。重い大きなペイロードを対地同期軌道に投入するための高い精度を備えることを求められ、8回までの再着火能力が有るように作られています。そのため、2基の衛星を搭載している場合、それぞれの衛星を違う軌道に投入するという能力もあります。

プロトンMの移動~打ち上げ準備まで Proton M Rocket(ロケットの移動)

打ち上げ Start ILV Proton-M spacecraft to Intelsat-22 - Пуск РКН Протон-М

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!