7481

基本的にコンタクトレンズは寝る時など目から取り外す必要があります。しかし、これが面倒だと10年間、同じコンタクトレンズをつけっ放しにした男が病院に登場しました。

上海に住む王さん(仮名・40歳)。王さんは今から10年前にコンタクトレンズを使い出しました。しかし、何を思ったのか「取り外すのが面倒だ」という理由をはじめ、「むしろ着用し続けたほうが衛生的だ」などと思い込み、寝るときもコンタクトレンズを外すこと無くなんと10年間も目に入れたまま生活しました。

そんな王さんは、最近受けた健康診断で角膜に異常が見つかり病院に行く事になりました。一体に何があったのか。医師が王さんの目を診察した結果、角膜にコンタクトレンズがピッタリくっついた目がそこにあったそうです。 コンタクトレンズは無理に剥がそうとすれば角膜破裂を引き起こしかねない状態で、さらに目にはすでににごり症状が現れていることから、いずれは失明に至ると医師に告げられたといいます。

 結局、コンタクトレンズを取り外す手術を行ったとのことなんですが、手術結果は明らかになっていないとのことです。

10年間コンタクトレンズを使った男性に対し、ネットではこの様なコメントがありました。
・お手軽サイボーグだな
・中国にはメガネというものがないのか
・くっ付いたのなら、それはそれで便利だし良いんじゃない?
・いっそ完全眼球と融合するコンタクトレンズを開発してはどうか
・世界には常識破りの人間がいることを新年早々思い知らされたわ
・ずぼら以外の何者でもないな 

参照:ナリナリドットコム

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!