7584

エックスコア・エアロスペース社が目指す宇宙旅行は、飛行機のように滑走路から飛び出し宇宙に向かうというものです。価格は1人あたり約850万円で予約を受け付けており、この手の宇宙旅行では最も価格が抑えられています。

アメリカ、カリフォルニア州に拠点を置くエックスコア・エアロスペース(XCOR Aerospace)社が開発しているのはロケットプレーン形の宇宙船です。名前はリンクス。この機は一人のパイロットと一人の乗客、積荷や小型衛星を高度100km程度まで運ぶことができるよう設計されています。価格は、一人あたり95,000ドル(約850万円)になるようです。

リンクスは液体燃料ロケットエンジンにより飛行機のよう滑走路から飛び立ちそのまま宇宙へ、再び滑走路に戻ってくるというタイプのサブオービタル(弾道飛行)旅行です。機体及びエンジンは完全再使用可能でXCORによると1機あたり、1日4便までの運航を予定しているといいます。

XCOR Lynx suborbital vehicle animation

リンクスについては2008年3月に「2年以内にも有人打ち上げ(飛行)を行う」としていたものの、「2012年の遅くまでには」と計画を変更。しかし2013年になった現在も打ち上げはおおなわれておりません。実際に宇宙旅行に使用されるであろうリンクスMark IIはプロトタイプ(Mark I)の試験が始まった後、9ヶ月から18ヶ月後には飛行できるだろうとしています。

参考:National Geographic
このエントリーをはてなブックマークに追加