7714

アメリカ、国防高等研究計画局(DARPA)は高度6000mから地上の15cm程度の物体を認識することができるという監視カメラを開発しました。実はこのカメラ、元は携帯電話に使われているものだといいます。

国防高等研究計画局(DARPA)はARGUS-ISという高解像度の監視カメラの開発に成功しました。このカメラは1.8ギガピクセル(180,000万画素)の解像度があり、一度に25.9平方kmを撮影し対象をズームイン、追跡した映像をリアルタイムで配信することが可能とのことです。

アメリカのサイエンス番組Novaで公開された情報によるとARGUS-ISに撮影されたデータは毎秒600ギガバイトになるとされ、これらを「Persistics」という無人偵察機で使用されている配信システムを介し地上に送られているとのことです。



ARGUS-ISに使用されているカメラは私達が使用している携帯電話のデジタルカメラ(のセンサー)で、500万画素のカメラを368個並べ作られているとのことです。ARGUS-ISは米軍の無人偵察機に取り付けアフガニスタンで展開させる予定だったものの現在は何故か使われておらず、将来的な用途も明らかではないとのことです。

参考:GIGAZINE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!