7730

車の席の位置で死亡リスクが変わるなどと聞いたことがありますが、今回は皆さんの体型が死亡リスクを左右するという調査についてです。なんと肥満体になればなるほど死亡リスクも増えることが明らかになったそうです。

スポンサーリンク
米カリフォルニア大学バークレー校が行った研究によると、肥満のドライバーは健康的なドライバーよりも衝突事故における死亡リスクが高いことが判明しました。BMI指数が40を越える極度の肥満ドライバーは、健康的なドライバーよりも死亡するリスクがなんと80パーセントも高いとのことです。 

何故、肥満体は死亡リスクが高くなるのでしょうか。理由については「柔らかい体内組織のせいで、骨盤周りのシートベルトの締まりが緩くなるため、前方に身体が投げ出されてしまう」と研究者は説明しているそうです。

今回の調査は6806名のドライバーと3403件の衝突事故の情報を集め分析したといいます。調査対象者のうち18パーセントが肥満、33パーセントが過体重、46パーセントが健康的な体重ですた。

今回の調査から逆にBMI指数が低くなるほど死亡リスクも低くなるという結果になったんですが、それでもBMI指数が35以上40未満のドライバーは51パーセント、30以上35未満のドライバーは21パーセントも死亡リスクが高いという結果になったそうです。

538bdaef.jpg



警視庁の交通事故の件数や死者数の統計を見ると、ここ最近は交通事故の発生件数に比べ死者数が減っている傾向があるものの、それでも交通事故で亡くなる人は年間4,000人です。体重や体型で死亡するリスクを減らすという前に無理な運転や速度の出し過ぎなど事故発生のリクスそのものを下げる方が効果が高いように感じます。

参考:ロケットニュース24警察庁
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!