7933

皆さんがお住まいの地域に交通事故が多発する『魔の交差点』や『魔のカーブ』といわれるところはないでしょうか。イギリスのとある街では車が吸い込まれるように事故が発生するという魔カーブがあるといいます。

英南西部サマセット州エバークリーチ。畑が広がるのどかな街では交通事故が多発しているエリアがあります。ぱっと見た感じでは何の変哲もないコーナーにもかかわらず交通事故が絶えず今年3月に僅か12時間で5件の事故が発生しました。突っ込んだ車はコーナー沿いにある住宅の壁や庭に飛び込んだりと地域住民の安全をも脅かす状態になっています。

英放送局BBCや英紙シェプトンマレット・ジャーナルによると、問題の場所はエバークリーチを通る「A371」と呼ばれる幹線道路上のカーブ。カーブ沿いに住んでいるスティーブ・コビンさん宅では繰り返される事故の影響に家が巻き込まれる被害に遭っています。

大きな事故としては2007年にはコーナーを曲がりきれなかったトラックが家の庭に突っ込む事故があり、荷物のビールが散乱し停めていた車4台に直撃。家族はもはや「怖くて庭に出ない」と語っています。

eeacb93f.jpg

▼こちら魔のカーブとスティーブ・コビンさん宅(右側)。奥のコーナーを曲がりきれなかった車が突っ込むようです。


事故の多さに「もはや笑うしかない」と話していたコビンさん。そんなコンビさんは先日、「かなり怖かった」と漏らす事故がありました。

2013年2月25日の夕方、コビンさんが家に帰って来ると近くで女性が運転する車が制御不能に陥り180度スピンして停まったのを目撃。さらにそれから3時間後、今度は別の女性が運転する車がカーブを曲がり切れず隣のコリン・ブラインさん宅の庭に突っ込んだ後にコビンさん宅のリビングルーム近くまで迫ってくる事故が発生したといいます。

c677a565.jpg

事故はこれで止まりません。なんと翌日も『全く同じ場所で』3件の事故が立て続けに発生します。6時50分頃に男性が運転する車が壁にぶつかる事故を起こすと、8時頃には2台の車による衝突事故と溝にはまる単独事故が起き、12時間で5件の交通事故が起きる異例の事態になりました。

「4件目の事故現場で写真を撮っていた際に5件目を見た」というブラインさん。取材班によると「とても多くの事故を見た」と話しており、さすがにショックを隠し切れない様子だったといいます。

どうして事故が多発するのか。ブラインさんの話としてカーブという場所に加え、「3年前に舗装されてコントロールを失いやすくなった」と道路自体にも問題があると語っています。一方、事故が多発するコーナーについて州当局は連続事故を受けて改めて道路状況を確認したところ「特に欠陥や問題はない」と結論を出しているといいます。

b9e96686.jpg

参考:12時間で5件の事故が起きる“魔のカーブ” 沿道住民は道路改修を訴えるも自治体は「問題なし」 英

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!