8032

「BE CAREFUL OF LANDSLIDE」(地滑り注意)の注意書き。またも危険なところに手抜きトイレを作ったのかと思いきや、これらは中国の空港などで見られる注意書きだといいます。

台湾紙・旺報は中国の空港で見かける「ヘンテコな英語表記」という記事を写真付きで紹介しています。記事によると、欧米人は海外で間違った英語表記を見ると大笑いし、記念に写真をとって帰るとし、そんな彼らにとって最も面白い間違い英語は中国にあるとしています。

北京首都国際空港にある「請不要把煙灰弾入此処!(ここに吸い殻を入れないで下さい)」と書かれた注意書き。想像するにゴミ箱に付けられものだと想像できるんですが、英語表記では「Please don’t bomb into the ash here!(ここの灰に爆弾を入れないで下さい)」と何故かテロリスト向けの表記に。

また同空港には「当心石並頭(頭をぶつけないよう注意)」という注意書きがあるものの、ここには「Mind Crotch(陰部を気にしろ)」、子供を救う慈善団体への寄付金箱には、英語で「FOR ESPECIALLY DIFFICULT CHILDREN(特別に扱いにくい子供のために)」となっているそうです。

さらに空港内のロビーには「老弱病残孕(高齢者、病弱者、障害者、妊娠中の女性)」専用の椅子が設置されているものの、英訳は「The old weak and pregnant(年寄りで弱った人と妊婦)」と正直にも程がある表記になっているそうです。

CIVILIZED AIRPORT

面白案内があるのはこの空港だけではなく、江蘇省の徐州観音空港には「文明机場(レベルの高い空港)」と大きく書かれているものの、その英訳「CIVILIZED AIRPORT(文明化した空港)」になっているといいます。

参考:Record China

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!