マンホールにネットを張る作業が行われた中国のとある都市。先日大雨が発生し女性が転落するという事故が発生したのを機に急きょ取り付けたものなんですが…。

湖南省長沙市では先月22日夜局地的な豪雨、所謂ゲリラ豪雨が発生し市内各所が冠水するという被害が発生しました。同じ時間、天心区塗家沖塗星住宅地の路上で大雨で外れたと思われるマンホールに21歳の女性が転落、行方不明になる事故が発生しました。

そんなことで先月28日、長沙市芙蓉区でマンホールに転落防止ネットを張る作業が行われました。ネットは管内の主要道路や水のたまりやすい道路のマンホールから優先的に行われています。

ちなみに、こちらのネット。600kgの重量を支えることができるとしているものの、現在は実験段階でよく分からないとしています。 

この謎のネットと大雨で蓋が外れるマンホールについて2ちゃんねるではこのようなコメントが寄せられていました。
  • 根本的に外れる方の対策はしないんだね。 
  • その蓋は飾りか?
  • 臭いものにフタすらできない発想力。
  • ネットどうみても600kgには耐えられない。せいぜい100kg。
  • その前にその防錆すらできてないマンホールって。
参考:新華社

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!