8140

突如燃え上がる無人航空機。米海軍は今月8日、艦載型対空レーザーにより無人航空機の迎撃に成功し、2014年に実戦配備を予定しているとのことです。

スポンサーリンク
米海軍は今月8日、ミサイル駆逐艦はディーイ(DDG 105)の後部ヘリコプターデッキに備え付けられたLaWS(Laser Weapon System)により、無人航空機の迎撃実験に成功したと発表しました。使用されたLaWSは半円形のドームに収められた形で搭載され、中央部分から半分に割れる形で開きLaWSが姿を表します。

米国防総省当局者によると、同兵器の実験はこれまで無人機や高速ボートを標的に実施しており、破壊するなどの成果を得ているといいます。これらレーザー兵器はペルシャ湾での潜在的な敵標的への対処が可能として、中東配備を念頭に置いていることを示唆しているそうです。

レーザー兵器は艦上改造など特別な処置は必要とせず、多種の艦船上への配備ができると述べています。現在必要なコストは約3100万ドル(31億円)で、量産が可能になればコストを下げることができるとのことです。
1回あたりの照射コストは1ドル以下でミサイル1発の発射費用数十万ドルと比べ低価であることを主張しています。



また、悪天候時に目標まで届くレーザー出力低下ことについては「支障が生じる可能性がある」としながらも、この問題については現在保有している兵器でも同じ事だと述べています。

これら発言や動画を見た感じだと、現段階ではミサイルなど高速で飛来してくる脅威に対してはレーザーでは迎撃出来ない(射程や迎撃するまでの時間が足らない)ということのようです。このレーザー兵器は艦艇用近接防御火器システム(CIWSSeaRAM)と同じ扱いの兵器として研究開発が進められるようなんですが、現在あるシステムに置き換わる能力を持つにはまだ時間が必要のようです。

cefa2dc8.jpg



3d9fb83f.jpg



参考:CNN
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!