8163

米民間企業、オービタル・サイエンシズが開発したアンタレスロケットの1号機の打ち上げがアメリカ東部夏時間4月17日17時00分(日本時間4月18日6:00)に予定されています。打ち上げの様子はNASAからネット配信(音が出ます)されます。

オービタル・サイエンシズは民間企業ながらアメリカのミサイル防衛にも関わる一方、国内外の通信衛星の打ち上げや国際宇宙ステーションへの物資輸送、NASAの次世代有人宇宙船の打ち上げ脱出システムなどを開発しています。

オービタル・サイエンシズと日本企業との関わりについては2009年10月に宇宙ステーション補給機(HTV:こうのとり)で用いられる宇宙貨物輸送機用近傍接近システムをオービタル・サイエンシズから受注したことが明らかになっています。受注総額は9機分で約66億円(6600万ドル)です。

アンタレスロケット

アンタレスロケットはNASAの商業軌道輸送サービスでISSへ物資を送り込む『シグナス』という無人宇宙補給機を打ち上げるロケットとして開発しています。ロケットは既存のコンポーネントを活用することで低コストで信頼性の高いシステムを構築する方針で開発が進められています。

6a7da8b3.jpg


シグナス宇宙船(イメージ)

アンタレスの第1弾は液体燃料を使用したエンジンが2機搭載されており、これは旧ソ連が有人月飛行を目的として開発していたN-1ロケット用の物を改修したものです。また燃料タンクもウクライナが製造したものを短縮したものが採用されています。

第2段は空対地ミサイルを元に開発したキャスター30という固体燃料を使用したもので、今後打ち上げられるアンタレスでは改修したキャスター30XLに変更されるとのことです。

アンタレスロケットの打ち上げ能力は静止トランスファ軌道に2,400kg、ISS軌道に約5トンとなっています。同ロケットは当初2011年10月に打ち上げが予定されていたものの9回ほど延期され今回の打ち上げに至っています。

b642a2ff.jpg


アンタレスロケット(公式PDFより) 全長40.5m、直径3.9m、総重量290トン

アンタレスロケット

アンタレスロケット

アンタレスロケット

67ee1058.jpg



追記
アトラスロケット1号機はアメリカ東部夏時間2013年4月21日17:00に打上げが行われ成功しました。



参考:sorae.jp,NASA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!