8266

宇宙船か何かの一部のようにも見えるのは旧ソ連が1970年代に開発、飛行を行った航空機です。現在は野ざらしに放棄されているんですが、どのような航空機だったのか紹介していきます。

今から40年程前の1972年9月4日、初飛行を行ったのはVVA-14という大型の水陸両用大型航空機です。VVA-14はイタリア人亡命技術者ロバート・L・バルティーニ氏が設計しベリエフ設計局が製造した機体になります。
風変わりな航空機はいったい何のために開発されたのか。これは当時、アメリカが開発・実戦投入していた潜水艦発射戦略弾道ミサイル「ポラリス」に対抗するためといわれており、VVA-14はこのミサイルを搭載した潜水艦を攻撃するために作られました。つまり、VVA-14は大型の対潜哨戒機ということになるそうです。

VVA-14は巨大な機体ながら最終的にVTOL、垂直離着陸機として運用を考えられていたんですが、肝心のエンジンの開発につまづき、機体上部斜め上方向とコクピット左右の左右に付けられたターボファン・エンジンを使用した通常離着陸の試験のみが行われていました。

最終的に総飛行時間103時間、述べ107回の飛行を終えたところで計画は中止。量産されることなく現在に至ります。

4

a7fc05fa.jpg

3cd92a5f.jpg

7953967c.jpg

1a170e1e.jpg

a04e9366.jpg

4fe3e3d9.jpg

着陸装置
391a7633.jpg

27dec1e2.jpg

エンジンフレーム
f2433af3.jpg

2bc8d6f6.jpg

捨てられた主翼
cf4df8a5.jpg

a44f5747.jpg


そして尾翼
210e8af4.jpg

d0d2f187.jpg

試験時に撮影されたVVA-14
488f439d.jpg


参考:English RussiaWikipedia

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!