8274

NASAは土星探査機カッシーニを使用し、土星の北極にある巨大なハリケーンの中心部分を撮影、最新画像を公開しました。

人間の目で見える最遠の惑星と言えば土星ですよね。この土星の北極には六角形の雲が確認されており、その中心には地球と同じ台風の目のようなものを見ることができます。この六角形構造のハリケーンはサイズが地球の直径よりも大きい13,800kmとなっています。

cca5b423.jpg



今回NASAが公開したのは土星にある台風の目に相当するエリアです。こちらの画像は分かりやすく着色されたもので、赤色は高度が低い雲、緑色は高度が高い雲を表しています。目に相当するエリアのサイズは直径2000kmありこれは地球上で発生する台風の目の実に20倍の大きさです。

f7e4d433.jpg



こちらが6角形の雲とその目になります。土星のボイジャーの観測によると、土星内で発生する最も速い風(偏東風)は1800km/hに達しており、これは海王星の2000km/hに次いで2番目の速度になっています。

参考:エキサイトニュース 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!