8283

今から100年以上前に撮影された装甲巡洋艦「グロモボーイ」。この艦船はロシアのウラジオストク巡洋艦隊に所属しており、日露戦争では日本海軍と戦闘を行なっています。

スポンサーリンク
日露戦争勃発後の1904年8月1日、朝鮮半島沖で日本海軍と戦闘を行ったのはロシアのウラジオストク巡洋艦隊です。この戦闘は蔚山沖海戦(うるさんおきかいせん)と呼ばれており、結果はロシア側が装甲巡洋艦1隻が沈没(自沈)の損害を出し日本側が勝利しました。

海戦に出撃していたグロモボーイはで重度の損傷を負いながらも帰港することができました。しかし、翌年5月11日に機雷と接触し破損、再びドックに入ることになりました。結果、日本海軍は日本海の制海権を確保することができたとされています。

同海戦では沈没した装甲巡洋艦「リューリク」に対し日本海軍は退艦した乗務員626名の救助を行なっており、このエピソードは各国海軍の教本に掲載されているといいます。

gromoboi001-14

2440fdd6.jpg

b89179f0.jpg

b21c7f24.jpg

45ec2016.jpg

383a68c8.jpg

0435d598.jpg

b72e3b4e.jpg

5c950695.jpg

5f6721ae.jpg

dc98bf7b.jpg

625ff866.jpg

8026f44a.jpg

69872a2e.jpg

以下は蔚山沖海戦で損傷したグロモボーイの写真
19afdf79.jpg

73ccb26a.jpg

9756723e.jpg

46d7c595.jpg

45040ba3.jpg

以下は1905年5月11日の触雷で損傷したグロモボーイ
40d80c16.jpg

グロモボーイはその後、第一次世界大戦前に改装が行われ、大戦後はフィンランド湾の巡視任務に就いています。1922年にロシアとドイツの合同企業にスクラップとして売却されることが決まり、ドイツへの曳航が開始されるも途中に嵐に遭遇し座礁。その後民間会社がにより解体されています。

c95e47a0.jpg

6443b2b8.jpg

参考:WikipediaEnglish Russia 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!