8298

中国で今月1日、公衆便所に溜まったメタンガスに引火し爆発するとう出来事がありました。

中国浙江省温州楽清市の郊外で1日朝、公衆便所が爆発するという出来事がありました。この爆発で使用していた女性1人が怪我、また近くを通りかかった女性1人が擦り傷を負いました。

爆発により便所全体の壁が外に向って倒れる被害がでました。使用してた女性は用を足す部分に両脇の壁があったことが幸いし、「倒れて気を失う寸前だったが、無事だった」といいます。爆発の原因について地元警察は特に爆発物などは発見されておらず、屎尿(しにょう)溜めで発生した大量メタンガスがトイレ内に充満し、老朽化した電気回路から発生した火花で引火したのではないかとみています。

爆発した公衆便所は建てられてから11年が経っており、また近くには工場が集中しているため、平日の午前6時から7時までは利用者が比較的多いとのこと。5月1日はメーデーで休日であるため利用者が少なかったことが幸いでした。

地元の中国共産党樟南村支部の馬書記は爆発について、「まったく、思いもよらなかった」と述べています。また「下水部分を通すことを長年にわたってしていなかったから、メタンが濃くなったのだろう」との考えを示しています。共産党支部の別の幹部によると、爆発発生後に地元住民が「最近、ずいぶん臭かった」と述べていたそうで、メタンが発生していたとは誰も気が付かなかったといいます。

中国では下水などにメタンが溜まり引火、爆破し通りにあるマンホールが一斉に吹き飛ぶ出来事が多発しています。また、これを知っていてあえて引火させ遊ぶ輩も確認されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!