a0005

今月8日、中国北京の中心部で武装警察やヘリコプターが投入されるという大規模デモが発生していたことが明らかになりました。デモが発生した原因はある自殺したとされる女性が原因です。

5月8日、北京市中心部で、ある女性の死の真相究明を求めるという大規模デモが発生しました。ある女性とは、現在分かっているだけで安徽省出身の22歳の出稼ぎ労働者だったこと。この女性が3日、市内のショッピングセンターから転落し死亡しました。

地元警察はこれを飛び降り自殺と断定。しかし、現場にいた人が亡くなった女性を離れたところから撮影しており、これがネット上にアップロードされたところ一気に疑惑の声が噴出したといいます。

ネットユーザーがアップロードした画像では、女性は性的暴行を加えられたようなあとがあるらしく、亡くなった女性自身も明るい性格で病床の父親への仕送りのために懸命に働いており、自殺の動機は見当たらないとのことです。
そのこともあり事件後、中国版Twitter「微博」では、「女性は転落中に下着が脱げたとでもいうのか!」「いつものパターンだ。加害者に警察関係者がいたに違いない」など、自殺ではなく他殺であると多くの人が声を上げていたといいます。

a0006

女性が死亡してから5日が経過した8日、被害者と同じ安徽省出身の出稼ぎ労働者数千人による大規模デモにに発展します。当局は武装警察やヘリコプターを投入して鎮圧を行ったといいます。一方、被害者の遺族は当局にショッピングセンターに設置された監視カメラの映像の開示を要求するも、警察側はこれを拒否。遺族は現場から締め出されてしまったといいます。

現在中国ではこのデモを報道するメディアは存在せず、ネット上では関連する項目やキーワードが検閲され閲覧できない事態に陥っているとのことです。
 
a0007

a0008

a0009

a0010
 
a0011
  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!