痛板
トップとテールは貼り終わったので今回は金具周りの型取りと貼り付けを行いました。

スポンサーリンク
注意:ビンディングの取り外し等は個人で行わないでください。スキー保険に入っていて怪我をした場合、多分保険が効かなくなります

■写真のビンディングは新しく購入した物で、板に付いているビンディングを外した物ではありません。
トップとテールにシートを貼るとやはりビンディング(金具)周りが不自然です。ということで、また型取りを行いました。
3e047ae3.jpg

A4用紙を半分に折り、上半分に板の型を、下半分にビンディングの型取りを行いました。

cfb3b645.jpg

このように切り取り、ビンディングの型を半分に折り曲げて中心線を書きます。
板の中心と型の中心が合うようにして貼りつけ、型の縁をなぞるように線を引きます。
さらに、上半分の型を切りとり、第三回目のときと同じように板に貼り付けてみて、左右の板に合うかどうか確かめます。



型取りと同じように下書きを行い、印刷したシートを切り取ります。
6d2c88a2.jpg

このままだと貼れないので、適当に3分の1程度に分割して貼り付けました。

◆痛板についてまとめ記事があります。作られる方はこちらも参考にしてください。
【痛板】自作痛板について まとめ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!