4864.jpg

自作痛板を作るとなると印刷とカットを自分で行う必要があるのですが、実はこれが難しくなかなか上手にできません。今回はニコニコ動画から『オーバーラップ』という、繋ぎ目が目立たない印刷と切り方の動画を紹介します。

繋ぎ目
 せっかく上手にデザインできても貼り付けで繋ぎ目が目立ってしまっては意味がありませよね。このブログではA4用紙をフチ無し印刷を行ない気合で張り付けていたんですが、この方法だとどうしても繋ぎ目ができてしまう欠点がありました。

 そこで、繋ぎ目が目立ちにくいオーバーラップという印刷とカットの仕方をニコニコ動画から紹介します。


手順を簡単に紹介すると、
  1. 印刷範囲が重なるように印刷する
  2. 2枚を重ねマスキングテープで仮止め
  3. 裏返し、端から端までマスキングテープで固定
  4. よく切れるカッターナイフで切り取る

私が行なっていたフチ無し印刷しから作る方法よりも上手にできています。

A4複数枚、ロール紙どちらがよいか
 完全自作で作る場合、A4用紙を複数枚つなぎ合わせる方法と、ロール紙で1枚もしくは2枚を貼りあわせて作る方法があります。以前、自作痛板 シート、プリンタの選択で述べたように、スノーボードだとA3サイズを印刷できるプリンタを用意する必要があります。A3対応のプリンタは高額なため、何かのイベントで同じデザインを10枚、20枚用意する必要があるという以外はA4プリンタとオーバーラップによる貼付けがおすすめです。

 もちろん、自作痛板に「必ずこう作らなければならない」というのは一切ないので、様々な素材から自由に痛板を製作してください。
◆痛板についてまとめ記事があります。作られる方はこちらも参考にしてください。
【痛板】自作痛板について まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加