アメリカのロボット兵開発

アメリカで『史上最大の研究費』として注目されているのは、攻撃や防衛などを行うロボット兵の研究・開発費です。このロボット兵、なんと近い将来戦場に送り込まれることになっています。

スポンサーリンク
先日、アメリカ議会で可決された法案はロボット兵を開発するための予算です。そして驚きなのはその額で、日本円でなんと約12.7兆円。しかも、早くて2015年までに何らかのロボットを投入するということが目標となっており、近い将来戦場にロボットが投入されることになります。

米陸軍としては将来的に1つの旅団クラスの作戦ユニットに、少なくとも151体のロボット兵を採用し、攻撃・防衛・目標のた捜索など様々な任務に就かせるとしています。

アメリカではDARPAこと国防高等研究計画局が資金提供し、様々なロボットが開発されています。その中でも有名なのはボストン・ダイナミクスで開発されているロボットです。これまで輸送用として開発された4足ロボ“Legged Squad Support System LS3"から、「防護服内での人間の生理機能をシミュレートする」というもので非常に優れた2足ロボ「PETMAN」が登場しています。





※トップ、及び2つ目の動画は非戦闘用のロボット「PETMAN」であり、今回のロボット兵とは無関係です。

参考:searchina
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!