中国で見るプラスチック製の木_3

中国で撮影されたのは道路脇のスペースに植えられた謎の物体です。なんとこれはプラスチック製の木(果実付き)であることが分かりました。

スポンサーリンク
中国江蘇省南京市の高速道路脇に設置されれていたのはなんとプラスチック製の木と花。実際に植えられていたのは空港高速道路の南京南インターチェンジ出口付近で、今月5日作業員がプラスチック製の木を設置しているのを通りかかった人が見つけ、中国版ツイッター「微博」に投稿しました。

「何のために、何の意味があってこんなことをしているのか。関係部門に聞きたい」と写真で掲載。さらに「メンツ優先か。くだらないことにわれわれの金を使って」などと批判していたといいます。

中国で見るプラスチック製の木

中国で見るプラスチック製の木_2

中国新聞社が高速道路を運営管理している南京市交通局に直接問い合わせた所、担当者は「あくまで美化目的」とし「緑化率上昇を偽装したわけではない」と述べていたといいます。投稿者によると、この木は数メートルおきに複数本設置されていたといいます。

「美化目的ならもうちょっと本物に近い木を設置するだろう」と思ってしまうんですが、そのへんは中国。おめでたい日には電飾でも施されるのでしょうか。 

参考:Record China 
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!