巡航ミサイル

中国で陸揚げされた大型の物体。ヒレのようなものが突き出しているも金属質で明らかに生物ではない。なんと、ロシア製の兵器であることが後に分かりました。

今月5日、中国で沿岸漁師をしている人が海底から引き上げたのはミサイルの残骸。中国メディアの報道によると、引き上げられた残骸の写真から『SS-N-27』という巡航ミサイル、クラブファリミーの1つであることが分かりました。

SS-N-27は中国でも採用されており、輸出向けキロ型潜水艦から発射される潜水艦発射型Club-S『3M54E1』が輸出されています。

引き上げられた巡航ミサイル_1

引き上げられた巡航ミサイル_2

引き上げられた巡航ミサイル_3

引き上げられた巡航ミサイル_4



参考:Record China

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!