Tu-95

ロシアの主力爆撃機と知られるのはツポレフ製の『Tu-95』(愛称:ベア)という機種です。今回は世界最速のプロペラ機でもあるロシアの戦略爆撃機を紹介していきます。

1956年より現在のロシアで運用されているTu-95は、ターボプロップエンジンを4基搭載した長距離戦略爆撃機です。外観は大きく後ろに下がった後退翼、スマートなボディー、そして8枚のプロペラが前後で逆に回転する二重反転プロペラが特徴です。プロペラは約750〜800回転/分で回転し、独特の轟音を発しながら飛行します。

Tu-95は全長49.50m、全幅51.10m。分かりやすく表現すると一般的な50mプールを横に3つほど広げたサイズ。巨大な機体にもかかわらずNK-12MVターボプロップエンジン4基と二重反転プロペラにより最高速度はなんと950km/h(マッハ0.77)。そのため人類が開発したなかで最速のプロペラ機として有名です。

Tu-95は本来の爆撃以外にも対艦攻撃型や巡航ミサイル発射能力のあるミサイル母機、海軍向け哨戒機型などの複数の派生型が開発されています。



Tu-95_1


Tu-95_2

Tu-95_3

Tu-95_4

Tu-95_5

Tu-95_6

Tu-95_7

Tu-95_8

Tu-95_10

Tu-95_11

Tu-95_12

Tu-95_13

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!