屋上別荘_1

北京市で最近注目が集まっているのはある別荘です。ただ、その別荘があるのが高層マンションの屋上で違法に作られた挙句、鳴り止まない騒音に入居者が困り果てているといいます。

スポンサーリンク
大学教授の張(ジャン)氏が中国北京市にある高層マンションの屋上に建設したのは謎の別荘です。見た目は自然の丘のような形になっており、かれこれ6年程建設が行われているといいます。

張氏が作った別荘は地上26階に位置しており、2階建てで延床面積は1000平米になると噂されています。ただ、誰にも迷惑を掛けず建設が行われるならまだ良かったものの、作業は昼夜を問わず行われカラオケの爆音が鳴り響いているといいます。

さらに無茶な建設によりマンションの配管を破損。そのため複数の世帯は雨漏りがするようになったと被害を訴えています。建設が始まって以来、何度もクレームを入れるも聞く耳を持たなず転居するものが後を絶たないとのことです。

屋上別荘_2

地元の都市管理関連当局は最近になり違法建築とし別荘の強制取り壊しを決定し、許可の手続きがおこなわれいると言います。これについて張教授は地元メディアに対し「誰に訴えられたってここに住み続ける。わたしが屋上に何を建てようが、誰も知ったこっちゃない!」と子供並の主張を続けているといいます。

張教授は同マンションの最上階に暮らしており、また屋上は教授が買い取っていることもあり、今後どのような対応がされるのか注目です。

参考:Record China 
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!