中国で発生した台風11号の被害_1

中国を襲った台風により50年に1度あるかないかという洪水が発生しました。今回は街全体が冠水した広東潮汕地区の写真を紹介します。

スポンサーリンク
街がほぼすべて冠水するという甚大な被害がでた台風11号。今月17日から降り続いた雨により掲陽県普寧市では50万人が被災、また南区では120万人が被災したと情報が入っています。

同地域ではこれまで50日以上高温で乾燥した天気が続いていました。 被害は黒竜江省(避難者14万人)、吉林省(1万690人)、遼寧省(80万人)となり、各地で50人以上が死亡、多数の行方不明者がでています。また農村の広いエリアでも洪水が発生しており、野菜などの収穫は見込めないほどの被害がでたと報告されています。

以下は中国広東省掲陽県普寧市で撮影された写真(2013年8月19日)
中国で発生した台風11号の被害

中国で発生した台風11号の被害_2

中国で発生した台風11号の被害_3

中国で発生した台風11号の被害_4

中国で発生した台風11号の被害_5

中国で発生した台風11号の被害_6

中国で発生した台風11号の被害_7

中国で発生した台風11号の被害_8

中国で発生した台風11号の被害_9

中国で発生した台風11号の被害_10

参考:国际在线
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!