目を繰り抜かれた男児

8月24日、6歳の男児が何者かに連れ去られるという事件がありました。男児はその後見つかるものの、なんと両目がない状態で見つかったといいます。

中国メディアによると事件が発生したのは8月24日、中国山西省臨汾市です。男児の両親の話しによると、同日の夕方、自宅前で遊んでいたところ何者かに拉致されたといいます。その後、同日22時に自宅からほど近い野原で男児を発見。しかし、現場は血まみれだったといいます。

発見された男児は両目はくり抜かれ、その目が男児の近くに落ちていたといいます。 その後明らかになったのは、落ちていた両目からは角膜がなかったとのことで、売買目的の犯行の可能生もあるとしています。

男児は山西省眼科病院に運ばれ手当されました。同院の医師によると、生命の危機は去ったとしているものの両目の視力を取り戻すことは既に不可能な状態だったと話しています。

事件に巻き込まれた男児によると、拉致犯は1人で地方の訛りで話す女だったとしています。当局はこの女の行方を追うとともに全力で事件を解決すると発表しています。

目を繰り抜かれた男児_1

目を繰り抜かれた男児_2

目を繰り抜かれた男児_3

目を繰り抜かれた男児_4

目を繰り抜かれた男児_5

目を繰り抜かれた男児_6

目を繰り抜かれた男児_7


目を繰り抜かれた男児_8

目を繰り抜かれた男児_9

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!