マムシに噛まれた中国人

中国でマムシ酒を飲もうとしたところ、中に入っているマムシに噛み付かれるという出来事があったそうです。

スポンサーリンク
黒竜江省ハルビン市に暮らす農家の女性。この人はリウマチを患っており、天候の変化などで関節が痛むことから症状を少しでも軽くしようとマムシ酒を飲もうと思いついたといいます。それから今年の6月に友人に頼んで蝮蛇(マムシ)の一種である「土球子」という蛇を中国の蒸留酒「白酒」に漬け込んでもらったといいます。

瓶の下部に設けたコックから酒を注いで飲んでいたものの、9月3日に白酒が少なくなったので足そうと思ってふたを開けたところ、蛇が突然動きだし瓶から飛び出してきて女性の指にかみついたといいます。女性が手を振り回して蛇を振り払おうとしていると、騒ぎに気づいた家族が駆けつけ、その後病院に連れて行かれたといいます。

女性は包帯を巻いた手を見ながら「蝮蛇酒の効果が現れる前に蛇にかまれて病院に行くなんて…」と話しているといいます。

記事によると、同様の事故はたびたび報告されているとし、原因として酒に漬け込まれた蛇が一種の冬眠状態に陥ることはまれにあり、瓶が密閉されていなかったり酒で満たされておらず空気があったりすると、代謝の低下した蛇はわずかな呼吸でも長い期間生きることができるとしています。

参考:Record China
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!