音楽

邦楽、洋楽、ジャズ、クラッシックと人それぞれ好きな音楽があると思うんですが、最新の研究によると、好きな音楽を聞くことで心臓機能や心臓病が改善される効果がみられたとのことです。

スポンサーリンク
音楽が持つ不思議なチカラ。これまでも「アスリートにとって合法的なドーピングのようなもの」とし、米歌手マドンナや英ロックバンド「クイーン」などの曲をランナーに聴かせたところ、走る距離や時間が伸びたという研究結果が報告されています。

今回は音楽と心臓のお話です。 セルビア、ニス大学の研究チームによると、心臓病患者に対し音楽を用いた実験を行ったところ好きな音楽を聴くことで心臓機能に改善が見られたと報告しています。

実験の内容は心臓疾患を持つ74名を被験者に1:運動のみ 2:運動と同時に毎日30分、好きな音楽を聴く 3:運動はせず毎日30分、好きな音楽を聴くというグループに分け進められました。結果は『2』の「運動をし、かつ音楽を聴いたグループ」がもっとも心臓病の状態が改善されていることが判明。具体的には運動能力が平均39%向上していたといいます。一方、運動だけは29%、『3』の音楽だけを聴いたグループも19%向上する結果になったとしています。 

この結果について研究チームは 「音楽を聴くことで、脳内にエンドルフィンが放出され、それによって血管の働きが改善するのではないか」と述べています。
どのような音楽が効果があるのかデータはないとしたうえで、「気持ちが前向きになる、幸せな気持ちになる、リラックスできる曲ならばなんでも良い」としています。ただ、「歌詞がある音楽は感情的になりやすいため、歌詞無しの音楽の方が良いのではないか」と話しています。

参考:ロケットニュース24 、Photo:Bowers & Wilkins 
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!