ZAPZAP!

エコロジー

image_75

昨年8月、アメリカ ロサンゼルスの貯水池で実施されたのはプラスチック製のボールを大量投入するという研究です。実はこれにより水の蒸発を抑え貴重な水資源を確保する目的があったのですがその研究結果が報告されています。続きを読む

image_1

東日本大震災以降、日本では屋根にソーラーパネルを載せている家を多く見かけるようになりましたが、電気自動車を販売しているテスラ・モーターズはソーラーパネルと屋根が一体型となった製品を発表すると報じられています。続きを読む

image_26

お肉や魚、惣菜、お菓子などスーパーではプラスチック製食品トレーに入れられた食材を多く見かけますが、フランスでは2020年以降、家庭でも処理できる生物由来の素材を5割使用した製品の使用を義務付ける法律が制定されたと報じられています。続きを読む

image_59

街を歩けば太陽光発電を設置している家庭を多く見かけるようになりましたよね。そこで疑問なのが太陽光発電を製造するにあたり発生したCO2です。いったいどのくらいの年月で回収することができるのか、むしろ回収は難しいのではないかと思ってしまうのですが日本の産業技術総合研究所による公式見解を紹介していきます。続きを読む

image_7

2025年頃には原発よりも風力発電の方が発電コストが安くなるというイギリス政府の調査結果を以前紹介しましたが、実は高コストと言われていた太陽光発電に関しても同じ時期に原発を下回ると米国立研究機関が試算しているそうです。


続きを読む

↑このページのトップヘ