ZAPZAP!

軍事・戦争

image_101

現在韓国で開発が進んでいるのはKFX『韓国型次世代戦闘機』と呼ばれる、所謂比較的安価なステルス機を国際開発するというものです。これに参画しているのはインドネシアですが、開発にあたっての分担金に関して改めて縮小を望んでいると報じられています。続きを読む

image_93

開発されれば正規のスペースプレーンとして運用することが可能な『スカイロン』。最も開発が困難なセイバーというエンジンに関してイギリス国防総省は開発に向けた1200万ドルの契約を行ったと報じられています。続きを読む

image_99

先日ロシア空軍の軍用機が日本の竹島(韓国が主張する独島)上空を領空侵犯したなどと警告射撃が実施される出来事がありました。今回はロシア軍機が度々行っている領空侵犯について毎回「行っていない」と反論しているのですが、そもそもロシアは領空侵犯行為を認めたことはあるのでしょうか。続きを読む

image_107

韓国の複数メディアによると、排水量3万トン級の軽空母の建造を目指すとして『大型輸送艦II』という事業を推進していく決定が行われたとしています。関係者によるとこの軽空母は今後10年ほどで建造できるのではないかと話しているとしています。続きを読む

image_110

先日早朝、北朝鮮の元山付近から発射された2発の短距離弾道ミサイルに関して、その射程や飛行特性からロシアが2006年から配備した9K720『イスカンデル』の改良型と考えられると報じられています。続きを読む

image_103

今月23日、日本の竹島上空で韓国軍がロシア軍機に対して警告射撃を実施した事案に関して韓国政府は駐露大使が領空侵犯を認めたという趣旨の発表が行われたことに対して、ロシアメディアの取材によると大使は「謝罪はしていない」と韓国の報道を否定する発言をしていると報じています。続きを読む

↑このページのトップヘ