ZAPZAP!

軍事・戦争

AAV7

最近ニュースなどで日本版海兵隊が組織されたなどと隊員の姿が映しだされていましたが、その隊員らが乗り込むのはAAV7「アムトラック」という車両です。水上をゆっくり動く姿は何か心細い気もするのですが、陸上では予想外な機動をみせることができるそうです。続きを読む

MQ-25 ボーイング

空母から発艦し着艦する世界初の無人艦上給油機『MQ-25 スティングレイ』。アメリカでは現在数社が開発を進めており採用を目指しているのですが、ボーイング以外ではどのような航空機となっているのか紹介していきます。続きを読む

2030 - Call to Action_5

最新鋭の技術を有しその軍備をしている国といえば間違いなくアメリカです。そんなアメリカの空軍研究所は2030年以降の国家安全保障の課題にどう対処するか『行動喚起』を発表しました。そこにはF-35と行動する無人機や高出力レーザーや輸送機から投下し大量の無人機を展開するなど、近未来の戦闘が描かれています。続きを読む

image_46

極超音速で飛行する空中発射弾道ミサイルや核兵器を搭載可能な原子力推進無人潜水艦など5つの新兵器が発表されたのですが、名称が付けられていなかった3つの兵器に関して先日オンライン投票により「ブレヴェストニク」「ポセイドン」 「ペレスヴェート」 に決定したと報じられています。続きを読む

J-31_1

国営企業傘下の『瀋陽飛機工業集団』が独自に開発を続けいるのはJ-31、またはFC-31などと呼ばれるステルス戦闘機とされるものです。主に海外への輸出を想定し開発が続けられていると言われているのですがパキスタンが試験飛行した結果、極めて否定的な態度をとっていたことが明らかになりました。
続きを読む

↑このページのトップヘ