ZAPZAP!

原発事故・放射線

AC-208

低空をゆっくりと飛行していることもあり、よく目にすることができるのは小型のプロペラ機です。一般的に『セスナ機』などと表現されることのある航空機なのですが、この機体に対戦車ミサイルを搭載したものがアフガニスタン空軍に配備されると報じられています。続きを読む

image_56

茨城県大洗町の原子力研究施設で26年間放置されていたプルトニウムとウランと容器を開封したところ破裂、作業員らが内部被ばくした事故について放射性物質の拡散を防ぐためなどとして3時間あまり室内で待機させられていたことが明らかになりました。続きを読む

image_29

東京電力福島第一原発事故後に福島県を中心に実施されている除染。この除染で出た除染土(放射性廃棄物)について環境省は放射性セシウムが1kgあたり8000ベクレル以下について森林公園等で処分する案を検討していることが明らかになりました。続きを読む

チェルノブイリ

原発事故から30年が経過した現在も未だ人が住むことができないチェルノブイリ原子力発電所付近の広大な土地に関して、ウクライナ政府は世界最大規模の太陽光発電所を建設する方向で話が進んでいると報じられています。続きを読む

↑このページのトップヘ