ZAPZAP!

原発事故・放射線

チェルノブイリ

原発事故から30年が経過した現在も未だ人が住むことができないチェルノブイリ原子力発電所付近の広大な土地に関して、ウクライナ政府は世界最大規模の太陽光発電所を建設する方向で話が進んでいると報じられています。続きを読む

image_1

未曾有の大災害となった東日本大震災から5年。福島第一原発事故により福島県の一部は強い放射能に汚染されているのですが、現在無人の街となっているエリアに外国人写真家が訪れ写真に収めたものが公開されました。
続きを読む

image_53

国内の複数メディアによると、日本の環境省は福島第一原発事故で除染により発生した土などの放射性廃棄物について1kgあたり8,000ベクレルのものを再利用し道路や盛土といった生活圏で再利用するとしています。ちなみに、環境省は除染等ででた放射性廃棄物について99.8%が再利用可能と試算しています。続きを読む

image_13

ドイツ紙によると、2014年4月に発生したフランスのフェッセンハイム原子力発電所の冷却水漏れ事故について、実際はただ水が漏れではなく主電源喪失状態に陥りさらに制御不能と連鎖的に進展していったことが明らかになりました。続きを読む

双葉町の前田川

福島県が行った72の河川における放射性物質調査によると、双葉町の前田川では1kgあたり最大54,500ベクレルの高濃度の放射性物質が検出されたと発表しています。写真はグーグル・ストリートビューで見ることができる同河川。続きを読む

↑このページのトップヘ