ZAPZAP!

原発事故・放射線

image_13

ドイツ紙によると、2014年4月に発生したフランスのフェッセンハイム原子力発電所の冷却水漏れ事故について、実際はただ水が漏れではなく主電源喪失状態に陥りさらに制御不能と連鎖的に進展していったことが明らかになりました。続きを読む

双葉町の前田川

福島県が行った72の河川における放射性物質調査によると、双葉町の前田川では1kgあたり最大54,500ベクレルの高濃度の放射性物質が検出されたと発表しています。写真はグーグル・ストリートビューで見ることができる同河川。続きを読む

image_72

東日本大震災後の福島県における小児甲状腺がんの発生率上昇について、科学誌サイエンスでは検診態勢が充実したことでこれまで見えてこなかった甲状腺がんも発見されたことで結果的に上昇しているようにみえているだけという論文が掲載されているそうです。続きを読む

image_25

海外メディアによると、ロシアのレニングラード州フィンランド湾沿いで稼働しているレニングラード原子力発電所で何らかの事故が発生し大量の蒸気漏れる事故が発生していると報じられています。続きを読む

セントルイス

アメリカ・ミズーリ州の地元紙によると、セントルイス市内の公園や住宅街がトリウム230という放射性物質に汚染されていたと報じられています。原因は放棄された原爆製造の廃棄物にあるとのことです。続きを読む

image_19

先月1日、東京慈恵会医科大学で行われた学校教師を対象とした「放射線学習教材と授業実践への活用」の場にて、北陸電力エネルギー科学館の職員が中高生らに「100mSvの放射線量を1度に浴びても大丈夫だ」などとする教育を行っていた疑いが明らかになりました。続きを読む

↑このページのトップヘ